夢の中の ” 実在する人物 “|人物を読み解く時の注意点

実在する人物が登場する夢。

それは、家族であったり、
同じ職場で働く仲間であったり、
友人であったり、

そして、夢の中ではそれらキャストによって
様々なドラマが展開する。

架空の人物とは違って、
現実世界に存在するその人物について
解釈するためには、無論、現実世界側の
その人に関連する事柄を整理しておく
必要があります。

例えば、その人の人柄、立場、立ち振る舞い、
考え方、日頃主張していることなど、
外見だけでなく、内面的要素についても
把握します。

無論、その人の心の中を
のぞけるわけではないので、
あくまで ” あなたから見た ” その人の内面です。

広告

パワーバランス

次は、とある女性が見た夢の一例です。

同僚が他の社員に向かって、
あれこれ指示を出している。
 
“ちゃんと探した?
Aさんはあそこを探して、Bさんは・・”
 
無くなった資料を皆で探し回るが、
見つからない。

” 夢に登場した同僚というのは実在の人物ですね? ”

” はい、同じ会社に勤める女性です ”

” あなたは、その女性に仕事の指示を
受けていたということですか?”

” ええ、そうなります ”

” つまり、その女性は管理者ですね? ”

” いや、管理者という訳ではないんですが、
後輩と言いますか・・ ”

” すみません。状況がつかめないんですが、
上司ではなく同僚から指示を受けるという
場面が実際にあるということですか? ”

” ええ、まあ・・
ちょっと複雑な理由がありまして・・ ”

*

彼女の説明では、一年ほど前に入った同僚が
仕事の出来る優秀な人材で、上司からも
一目置かれているということでした。

ただ、その能力の高さゆえに、
周囲の人の仕事にも厳しく注文をつけ、
独りよがりな性格の持ち主だった。

最近では、上司である主任のやり方に従わず
自分の判断で仕事を進めるといったことも
目につくようになったと言います。

” 職場の皆が同僚を中心にして動いている状態です ”

” それについて、
主任は何も言わないのですか? ”

” そうですね。放置している状態です。
衝突するのを避けているのか、
多分、同僚に何か言っても論理武装で
言いくるめられてしまうと思います。
頭の回転が速くて、かなりの論客です ”

” つまり、この夢はあなたの職場の現状を
描いているということですね? ”

” 少し大げさな気もしますが、大方はそうですね。
ただ、ちょっと妙な点が・・ ”

” それは、どういった? ”

*

夢の中では、同僚がまとめた仕事の資料を
誰かが失くしたということで
全員で探し回っていたと言います。

しかし、途中から彼女は、なぜか、
仕事の資料探しが単なる名目で
実際は、同僚が失くした個人的なものを
皆で探していることに気づいた。

” なぜ、私たちが
こんなことまでしなきゃいけないの? ”

と彼女は疑問を浮かべながら
何となくそれに従っていた。

” なぜ、気づいたのですか? ”

” はっきりとした理由は無いんですが、
何となく分ったと言いますか・・
途中から段々と腹が立ってきまして ”

望まれない女王蜂

今回の夢は一見すると、
職場の日常を描いているようにも見えます。

そこに紛れ込んできた彼女の不可解な認識。

職場のギスギスした人間関係を夢の中にまで
再現することに何のメリットも無いようにも思えます。

潜在意識は、なぜ、この夢を作ったのでしょう?

*

” 先ほど、個人的なものとおっしゃいましたが、
具体的にはどういったものでしたか? ”

” 最初は仕事の資料ということだったんですが、
途中から、資料に挟んだチケットを探す
ということになっていました ”

” 何のチケットだったんでしょう? ”

” そこが分からないんです・・
航空機なのか、映画なのか、ライブチケットなのか、
とにかくそれが無いと同僚が困るということで
皆で探し回っていました ”

*

彼女の日常業務を描写しているようにも
思えるこの夢は、現在、彼女が
抱えている一つの不安を元に作られています。

” 最近、会社で人事異動の話が出てまして、
私としては今の主任に続けてもらいたいんですが、
ちょっと気がかりが・・ ”

” どういった? ”

” もしかすると、
今の主任が下ろされて、新しい主任が・・ ”

” 要するに、問題の同僚の方が
主任になる可能性を知りたいということですか? ”

” そうです。それが、ちょっと心配で ”

” その方は、まだ入社1年目ですよね? ”

” ええ、それはそうなんですが、
前の会社で実績を残しているという話もありまして、
人事部がどういう判断をするか ”

” 仮に、もしそうなったとしたら、
どういった状況になると思われますか? ”

” 同僚が入ってくる以前は平和な職場で、
お互いを助け合いながらチームプレーという感じでした。
でも、同僚が来てからそのバランスが崩れて、
彼女のワンマンプレーに周りが振り回されて・・
誰かの仕事を手伝うことにすら口を挟んでくるので ”

” その方が主任になれば、
より一層、仕事がやりづらくなると ”

” 間違いないです ”

広告

結局、何のチケットだったのか?

では、夢の内容を振り返ってみましょう。

同僚が周囲の社員にあれこれと指示を出している。

ここで登場している同僚は、あくまで
彼女の中の同僚に対するイメージに過ぎない
という点は注意しておくべきです。

なので、この場面は、
日常業務の一風景を描いているというよりは、
同僚一人を中心にして職場全体が回っている
という彼女の ” 認識 ” が
抽象的な形で表現されています。

指示の内容は、最初は仕事の資料を探す
ということになっていたが、途中から、
資料に挟んだプライベートなチケットを探す
という目的にすり替わってしまう。

” 資料 ” とは仕事の象徴です。

その資料に挟んだプライベートなアイテムは、
仕事に紛れ込んだ ” 個人的感情 ”

彼女は同僚の仕事のやり方に対して、

” 仕事にかこつけて、
自分が中心になりたいだけじゃないの? ”

という疑念を持っている。言い換えるならば、
” 個人的野望 ” でしょうか。

*

” チケット ” の用途は不明だった。

それは、航空券やクーポンのような
特定のアイテムではなく、
それによって ” 何かを得ることが出来る ”
という特性に焦点が当てられています。

これまでの解釈から考えると、
架空のチケットで交換できるものとは、
多分、” 権限 ” でしょう。

つまり、チケットが同僚の手に渡ってしまえば、
彼女が懸念している ” ワンマンショー ”
の幕が開いてしまうわけです。

それを何としても阻止したかった。

ゆえにチケットを隠し、
見つからないという状況を作ったのです。

実際に、権限を同僚から遠ざけるとしたら、
かなりの政治的策略が必要でしょう。

しかし、” 権限 ” をチケット一枚に
置き換えてしまえば、後は
それを隠すだけで目的を果たせます。

潜在意識は都合のよいシチュエーションによって
問題を解決しようとしているのです。

イメージ ≠ 現実

” 結局、同僚が主任に昇格する可能性は
あるのでしょうか? ”

彼女が筆者に尋ねました。

” 残念ながらこの夢はあなたの不安を
描いているだけで、
そこまでは描かれていないですね ”

” そうですか。同僚が主任になる暗示
なのかと思って心配していたので、
それが分かっただけでも少し安心しました ”

” その方は、以前働いていた会社を辞めて、
あなたの会社に入られたんですよね? ”

” ええ、そうですが、何か? ”

” なぜ、辞められたんです?
優秀ならば会社もほってはおかないでしょう ”

” ああ・・噂で聞いた話ですが、
周囲の社員と意見が合わなかった、
ということらしいんですが、
確かに前の会社と同じ理由で辞めてしまう
可能性もありますね。
どちらにしても今は静観という感じでしょうか ”

*

今回は、職場で問題になっている一人の人物が
彼女の夢に登場しています。

ただ、夢の中に登場した人物は、
夢を見ている人の主観によって認識されている
イメージでしかないのです。

この夢を見た彼女から、
同僚が自己中心的な人物に見えているというだけで
実際にそういった性格の持ち主かどうかは、
また、別の話です。

もしかすると、同じ職場で働く他の人は、
それほど大きな脅威として受け止めていない
可能性もあります。

*

登場人物が、よく知っている人だったとしても、
それを現実世界の人物に
そのまま当てはめるべきではありません。

例えば、あなたの友人が登場する夢を見たとして、
登場しているのは友人そのものではなく、
あなたの友人に対するイメージです。

その夢が、友人の身に不幸が降りかかる
ストーリーだったとしましょう。

そこで友人の身に危機が迫っている暗示だと
判断するのは安直です。

あなたがその友人の違った一面を見て、
幻滅してしまったとしたら、
潜在意識は夢の中で友人に ” 死 ” を与える。

それは、友人の死ではなく、あなたの中にある
” 友人に対するイメージ ” の死です。

実在する人物を解釈する時は、
そういった実物とイメージとの違いを
理解しておくことが大切です。
 

関連記事 : 夢の中で人格が変わるとき|潜在意識の見ている世界

広告

この記事をシェアする