もし、初夢が ” ハズレ ” だったら|年末年始に見る夢

年の初めと言えば ” 初夢 ” ですが、
古来から新年の最初に見る夢は、
その年の運勢を占う特別な夢とされています。

普段、夢に関心の無い人たちも
初夢だけは気になるのではないでしょうか。
ある意味、年始は ” 夢 ” というものに
最も注目が集まる時期です。

さて、筆者の認識では ” 初夢 ” は、
初詣と同じくお正月の風物詩という
受け取り方で十分だと思います。

初夢が、本当に一年の計を象徴
しているかと言えばそうではない。

それが、日常に見る通常の夢とは違う
” 特別な夢 ” というわけではありません。

なので、新年の最初に見たものであっても
通常の夢と同じ扱いでよいと思います。

もし、人生を左右するような
” 特別な夢 ” というのがあるのなら、
それは、一年の節目に限らず、
あなたに必要となるタイミング
に訪れるでしょう。

そもそも、常識やルールに
束縛されることのない潜在意識は、
現実世界の ” 暦 ” に合わせて
夢を作ったりはしないのです。

広告

暦が夢になるとき

ただ、次のようなことは
言えるかもしれません。

例えば、節分が近い時期に鬼の夢を見たり、
クリスマスの数日前にサンタクロース
の夢を見たりするといった場合、

それは、クリスマスを意識していた
結果として夢に表れたというだけで、
何ら不自然なことではありません。

意識していれば、
それは、いつか夢になる。

つまり、その人が
何を意識しているかによって、
作られる夢は影響を受ける。

仮に、クリスマスを祝ったこと
など一度も無いという人が、
今年に限って、脈絡も無く
サンタクロースが登場する夢を見た
と言うなら、それには何らかの
メッセージがあるのかもしれません。

*

さて、年末、年始になると、
人は、何を意識するのでしょう?

年末や年始、年が切り替わる時期は、
やはり、誰にとっても一年の中で
大きなイベントと言えます。

例えば、年末になれば、

” ああ、早く、
正月休みにならないかな ”

” 振り返ってみると今年は、
大したことしてないな ”

” 今年は何とか乗り切れたけど、
来年はどうだろうか? ”

など、様々な思いが人それぞれの中に
出てくる時期でもあります。

その思いは、その人の
心の中で夢として形になる。

早く休みを取りたい人は、
待ち望んだ日暮れの夢を見るでしょうし、

今年の出来高に不満な人は、
太陽が沈まない夢を見るかもしれません。

沈まなければ時間稼ぎになりますから。

また、来年を心配する人は、
詐欺にあって大金を騙し取られる夢
を見るかもしれない。

それは、今年、積み上げてきたものを
失ってしまうのでは、という
心配する気持ちが単に映像化されている
だけなのです。

*

もちろん、
これらは単なる一つの例であって、
あなたが日暮れの夢を見たからといって
同じ解釈になるとは限らない。

また、夢占いを調べたところで
上に挙げたような解釈は載っていません。

先ほども言ったとおり、潜在意識に
常識やルールは通用しないのです。

無論、既存の解釈に合わせて
夢を作ったりもしない。

リフレッシュ願望

では、年始めには、
人は、どんなことを思うのでしょう?

” 去年はダメだったけど、
今年こそ頑張りたい ”

” ああ、今年も厳しい年になるのかな? ”

” 今年は勝負の年だ ”

” いい初夢が見られたらいいな ”

新年を迎えるからこそ、
心機一転の思いを込めたり、
人生の目標を改めたり、幸せな一年を願ったり。

こういった切なる思いは、
やはり、夢に影響を与える。

その夢は、それを見る人に合わせて、
様々なストーリーとして描かれるでしょう。

*

次は、とある男性が見た初夢の一例です。

家の外壁が錆び付いている。
 
業者に電話をして、張替え工事の
見積もりについて話をしている。

男性の話では、家の外壁が汚れている
わけでもなく、今後、
外壁工事を予定しているわけでもなく、
なぜか、この夢を見たということでした。

このケースでは、夢の中の外壁の錆は、
彼自身の ” 心や体の錆 ” を表している
と解釈することが出来ます。

彼自身、年末の時期に仕事に忙殺されて、
リフレッシュしようにもなかなか
出来なかったという事情から、
メンテナンスが必要な自身の心と体を
外壁工事に置き換えて
補修しようとしているのです。

また、自宅の外壁工事という
大掛かりな設定として描いているのは、
日常的なメンテというよりは、
新年に向けて気持ちを一新したい
という彼の意識の表れなのかもしれません。

広告

良い年なのか、悪い年なのか?

次は、とある女性が見た初夢の一例。

朝日が昇るのを窓から眺めている。
 
しばらくすると太陽は、
なぜか沈み始め夕方になる。
 
それから地平線の間を
出たり引っ込んだり繰り返している。

何とも奇妙な夢です。

女性は夢占いで ” 日の出の夢 ” と
” 日が沈む夢 ” の両方を調べてみたが、
結局、どう解釈してよいか分からずに
混乱しているようでした。

夢占いでは、日が昇る夢は概ね吉夢とされ、
夕暮れの夢は運気低迷を指すと。

” これは、どう解釈すれば・・・
今年は良い年なんでしょうか?
それとも、悪い年? ”

女性は、筆者に尋ねました。

その時は、筆者にもそれが何を意味するのか
分かりませんでしたが、女性の置かれた
現在の状況を聞いているうちに、
太陽の奇妙な動きに意味があることに
気づきました。

彼女は昨年、体調を崩し、
心配になり病院で診てもらうと
医師から自律神経のバランスが
崩れていると言われます。

それから、しばらく仕事にも
行けなくなり、外出することすら
ままならなくなっていた。

半年ほど経って、徐々に
回復していったが、まだ完全では
ないという状態で年末を迎えた。

*

” 夢の中で窓の外を眺めていたのは、
朝日を拝むためですか? ”

筆者の質問に彼女は答えます。

” いえ、
外出しようかどうか迷っていたんです。
外が明るくなったら出てみようと・・ ”

” 今は、外出されることは
あるのでしょうか? ”

” ええ、仕事には復帰しましたが、
出勤日数を制限している感じです。
また体の不調が始まると思うと不安で
以前のように元気に働くことができなくて・・ ”

” でも、あなたは、
本当は以前のように働きたい ”

” はい。このままじゃいけない
と思いながらも踏み出せなくて・・ ”

この夢における太陽は、
彼女の中の一歩を踏み出すための
” 勇気 ” を表しています。

それが地平線の彼方で
出たり、引っ込んだししている。

多分、新しい年を迎えた彼女は、
その節目に気持ちを切り替え、
新たな生活を歩み直そうとしているのでしょう。

朝日という ” 勇気 ” が
彼女の背中を押す反面、” 不安 ” が
太陽を沈め、彼女の足を引っ張る。

” 結果的に太陽は
どうなったんですか? ”

筆者は尋ねます。

” 出た状態で目が覚めました ”

” それならば、あなたの中の勇気が
不安に打ち勝ったということですね ”

” ということは、
今年は良い年ということですか? ”

” あなたがそう決めたのなら・・
夢の中では、もう決めているように
見えますが・・ ”

どの夢も同じ価値を持つ

年初めには、
” 新しい気持ちで年を迎えたい ”
というリフレッシュを願う気持ちが、
新しいものを買う夢や古いものを処分
する夢として表れることがある。

いずれにせよ、
一年の節目を迎えるに当たり、
一人一人が何を振り返り、何を感じるのか、
それぞれの思いに応じて夢は作られるのです。

もし、あなたが見た初夢が、
悪夢であったとしても、それが、
新しい一年の運気低迷を予兆している
わけではありません。

通常、夢は日常的な事柄をテーマにします。

一年の全体運を総括する夢が
作られることはない。

潜在意識は、ただ、今作りたい夢を
そのときに作るだけです。

*

それが、初夢であっても、日常的な夢
であっても同じ価値を持ちます。

初夢だけでなく、その次の日も、
明後日も、潜在意識は夢という形で
あなたにメッセージを送り続ける。

メッセージには重要なものもあれば、
日常のちょっとした気がかりに
関することもあります。

しかし、そのどれもが、その時の
あなたにとって必要なメッセージなのです。

初夢が、ありきたりな夢であったとしても、
価値が無いわけではありません。

どんな夢にも意味はあるのです。

” 心の声 ” を聞く機会は、別に、
お正月だけに限られたものではありません。

それは、365日、毎日ある。

年初めに、今年の運勢が悪いからと言って、
やる気を失ってしまったとしたら、
それこそが運を悪くする元凶です。

大切なのは、
今日一日をどう過ごすかです。

結局、一年とは、
一日の連続に過ぎないのですから。

 

関連記事 : ターニングポイントと夢|人生が変わる前兆とは?

広告

この記事をシェアする