意味不明の夢を読み解くには|現実と夢の接点を見つける

夢は支離滅裂で現実世界とは、
一見、何の関わりも無いように見える。

しかし、現実世界と全く関わりの
無い夢など存在しないのです。

なぜなら、関わりが無ければ、
夢を作る必要も無いからです。

例えば、何を意味しているのか、
容易に理解できる夢を
見ることがあるでしょう。

身近な例で言えば、
トイレに行く夢は尿意を感じた
潜在意識が夢の中でトイレを再現し、
そこで用を足すことで
気休めにしようとしている。

現実とリンクしているのは明らかです。

意味不明に思える多くの夢も
結局は、現実世界の延長線上にある。

それが、解読不能なほど複雑に
見えるとしたら、現実世界の常識を
持ち込んで夢を理解しようとして
しまっているからなのかもしれません。

潜在意識は、あなたに秘密の暗号を
解いて欲しいわけではない。

あなたが、すでに受け取っている
メッセージに、ただ、
気づいてほしいだけなのです。

広告

空港でチケットを失くす夢

次は、とある会社員の
男性が見た夢の一例です。

彼には昇進の話があり、
今週末、そのことで上司と
面談をする予定がありました。

面談を控えた週の途中に
次のような夢を見ます。

空港のロビーのベンチに座っている。
 
ビジネスクラスのチケットが
無いことに気づき、カバンの中を
引っ繰り返して探している。
 
飛行機の出発時刻が近づいている。

” 最近、飛行機に乗ったことは? ”

” ありません。2年ほど前に
空港に行ったことはありますが ”

” 空港に行ったが、
飛行機には乗らなかった? ”

” はい、家族を迎えに行っただけで ”

” では、飛行機に乗ったことは
人生で一度も無いのですか? ”

” 無いです ”

” 夢の中の空港はその時に訪れた
空港ではない? ”

” 違うと思います。
夢の中ではもっと大きな空港でした。
多分、架空の場所です ”

” では、今後飛行機に乗る予定は? ”

” 今のところそういった予定は
ありません ”

” 具体的な予定でなくとも、
最近、旅行に行きたいというような
気持ちになったことは? ”

” うーん。無いですね。
そもそも、高所恐怖症なので
ずっと飛行機を避けてきたんです ”

” あ、そうなんですね・・ ”

いくつかの質問の回答から察するに、
彼は飛行機や空港とは、あまり
縁の無い人生を送ってきたようです。

*

一見、この夢は現実世界とは、
全く無関係に思えますが、
ストーリーを読み解いていくと、
彼が今置かれている状況と
リンクしていることが分かります。

まず、潜在意識は夢の舞台として、
なぜか彼の私生活とはあまり馴染みの無い
” 空港 ” を選んでいる。

自宅でも、会社でもなく、
通勤に使っている駅でもなく、
あえて ” 空港 ” を選んでいるのです。

そして、その空港は架空の場所。

夢の舞台が架空の場所であった場合、
夢を見た人のその場所に対する
イメージが重要になってきます。

では、彼にとって ” 空港 ” という場所は、
どんなイメージだったのか?

その疑問に答える前に、もう少し
夢の内容を掘り下げてみましょう。

*

夢の中で彼は飛行機を待っています。

筆者は次のように尋ねました。

” 一体、どこに
行こうとしていたんですか? ”

” 目的地は分かりません。
なぜか飛行機に乗るという設定だったので・・
ただ、何となく焦っていた気がします。
落ち着きが無いというか、
浮足立っているというか・・”

仕事なのか、プライベートの旅行なのか、
それもはっきりしなかった。

彼はどこに行くのかも分からずに、
どこかに行く飛行機に乗るために
空港のロビーで待っている。

一見、奇妙にも思える
曖昧なシチュエーションですが、
こういった曖昧な認識は、
夢の世界ではよくあることです。

単なる記憶力の問題のようにも
思えますが、この夢の場合、
潜在意識は目的地をあえて設定せず、
” 目的が不明確である ”
という状態を描きたいのです。

別の言い方をするなら、夢の中で
彼に初体験をさせようとしているだけで
目的地は必要ない。

広告

馴染みの無い場所

彼にとって、あまり馴染みのない
” 空港 ” という場所を夢の舞台
にしたのは、まさに、そこが、
” 馴染みが無い場所 ” だからです。

彼は昇進しようとしている。

新しい役職、新しい部下、責任、
働く場所も変わるかもしれません。

今までの自分には縁の無かった
環境が馴染みのない場所として
” 空港 ” に置き換えられている。

しかし、馴染みのない場所なら、
空港でなくとも、
他にもありそうなものです。

空港が選ばれた理由は、
彼が飛行機に一度も乗ったことが無く、
高所が苦手という背景からです。

要するに、潜在意識は、
” 自分は地表から離れて、
人生初の空の旅をする直前だから、
浮足立っているのだ ” と、
彼に思わせようとしている。

しかし、実際は、今週末の面談を控え、
新しい環境で働くことに
動揺しているのです。

また、” より高みへ行く”
という意味では、昇進と空の旅は、
彼の中でイメージの繋がりがあった
のかもしれません。

*

しかし、なぜ、彼の潜在意識は、
昇進の件を空港で飛行機を待つという
全く無関係に見える設定に
置き換えたのでしょう?

直接、会社を舞台にした夢ならば、
もっと分かりやすいのに。

潜在意識は夢を作る時、
直接描写を避けることがあります。

この夢は、彼が感じている
プレッシャーを別の状況にすり替えて
精神的負担を減らすことが目的。

昇進すれば会社で認められるという
喜びはありますが、環境は
変わるでしょうし責任も重くなる。

そういった先々の心配事が、
彼の心を締めつけている。

だから、会社の出来事といて
直接描写するわけにはいかなかった。

*

では、チケットを紛失する場面は、
どう解釈すべきでしょう?

夢の中で紛失したチケットが
エコノミーではなく、
ビジネスクラスであるという点は
” 1ランク上の ” という意味で、
どことなく” 昇進 ” を
示唆しているようにも見えます。

彼は、紛失したチケットを
探し回るが一向に見つからない。

この夢の作り手は彼自身ですから、
チケットを紛失させているのも
彼による演出です。

チケットを紛失したことにして、
乗りたくない飛行機に乗らずに済む
口実を作ろうとしている。

一方で、飛行機に乗りたくないのならば、
空港から退場すれば済む話ですが、
彼は必至にチケットを探しています。

昇進したいという期待感がある反面、
新しいステージへ進むことに対する
不安も抱えている。

彼の心の葛藤がこの場面に現れています。

もし、彼が昇進の話を受けるなら、
一度、決断してしまうと、
後から降りることは出来ないでしょう。

飛行機も搭乗してしまえば、
途中で降りることは出来ない。

彼は認識しています。今回の決断が
後戻り出来ないものであることを。

*

飛行機の出発時刻が近づいている。

これは、週末、上司との面談を
控えている状況を表している。

決断すべき時が数日後に迫っている。

広告

接点を見つける

夢は、必ず現実とリンクしています。

現実とリンクしていない夢は
存在しないのです。

それが、どんなに支離滅裂な
ストーリーであったとしても。

ただし、それが現在、もしくは
過去にリンクしているとは限りません。

それが、未来の出来事に関する夢ならば、
現時点ではリンクしていないように見える。

今回の夢では、
彼の現在の心境が描かれている。

しかし、実際は、上司との面談当日の
心境を描いていると読むことも可能です。

一、二日、誤差があったところで、
心境が変わらないというだけで。

*

もし、あなたが夢を見たとして、
それが、現実世界と全く無関係に
見えたとしても、必ず、
何かしらの接点はあるのです。

それを見つけ出すためには、
夢の内容だけに目を向けるべきでは
ありません。

自分の置かれている状況、
どんな悩みを抱えているのか、
どんな願望を持っているのか、
そういった自己観察の視点が
必要になってくる。

そして、潜在意識が、
なぜ、そのシチュエーションを
選んだのかを考えてみてください。

そもそも、そのシチュエーションを
選んだのはあなたなのです。

あなたは、すでに
メッセージを受け取っている。

それが、メッセージだと
気づいていないだけで。

 

関連記事 : 夢を読み解くために必要な視点

広告

この記事をシェアする