なぜ、真面目に生きる人が評価されないのか?

” 真面目さ ” と言っても様々な種類があります。

職場で上司に忠実だとか、
地域のボランティアに参加しているとか、
浮気はしないとか、勉強熱心だとか、
常に謙虚だとか・・

例えば、ボランティア活動に熱心な人が、
週末のボランティアについて考えてばかりで
仕事に身が入らないと言う場合、

活動家という面では、常に社会奉仕について
考える素晴らしい人材です。

しかし、職場では、
仕事の遅い人として評価されてしまう。

*

もし、上司が見かねて、仕事に
プライベートの活動を持ち込まないように
と忠告をしたとします。

すると、彼は、貧困によって多くの子供たちが
適切な医療を受けられない実情を熱く語る。

きっと、上司も、
彼の言いたいことは理解出来るのでしょう。

ただ、彼に仕事をして欲しいだけなのです。

一体、何をもって
” 真面目 ” と言うのでしょう?

広告

” 真面目さ ” の評価基準

もしかしたら、
次のような意見があるかもしれない。

” 仕事とプライベートは分けるべき ”

” どちらかに専念すべき ”

” 給料を貰っているのだから会社方針に従うべき ”

社会のルールや生き方には、
様々な意見があるでしょう。

ただ、どの基準で評価すべきかが
問題なのではなく、各々が
別々の基準を使っているという事実に
着目すべきです。

世の中に ” 正しい指標 ” など存在しない。

多くの人に ” 正しい ”
と思われている指標は存在しますが。

つまり、筆者が言いたいのは、
何を持って ” 真面目 ” と呼ぶのか、
そこに決まりは無いということです。

*

居酒屋で二人の男性が話している。

サラリーマンの独身男性が呟く。

” お前はいいなあ。好き勝手に生きて・・ ”

それを聞いていた既婚男性は答える。

” 自営業は大変なんだよ。お前こそ、
遊んでないでさっさと身を固めろよ ”

二人の男は、自分に比べて、
友人は好き勝手に生きているとお互いに思っている。

彼ら二人の評価基準が違っているのです。

*

どんな人にも真面目な部分はある。

” 日々を生きている ”
” 生活のために頑張っている ”
ということだけで、十分真面目なのです。

むしろ、真面目な部分を全く持っていない人を
見つける方が難しいかもしれません。

アスリートが毎日こなす
トレーニングメニューから比べれば、
公園をブラブラ散歩する老人の健康管理は
ささやかな努力ですが、老人が
体作りに不真面目ということにはならない。

仕事に対して、ストイックで
情熱的な人は企業としては、
魅力的な人材なのかもしれません。

しかし、職場で周りの人にも、
自分のポリシーを押し付けて、
かえってチームワークを乱す厄介者
だったとしたら、どうでしょう?

*

面接で高評価だった有能な人が活躍して
会社は大きなプラスを得るかもしれない。

しかし、その有能さゆえに
会社の体質に疑問を持ち、
数年後に独立してしまうとしたら・・・

長い期間で見れば目立った功績は無いが、
コツコツと働いている平凡な人の方が、
結果、会社にとってプラスなのかもしれません。

” 真面目さ ” の定義など、
あって無いようなものです。

この何だか分からない評価基準を使って、
人は誰かのことを

” あの人は真面目な人だ ”
” 彼は不真面目だ ” などと言ったりする。

広告

ポリシーの中で

” あなたは真面目ですか? ”

と問いかければ、大抵の人は、
” 真面目な方だと思う ” と答えるでしょう。

よほど不真面目な生き方をしていない限りは。

なぜなら、” 真面目さ ” とは、
普通に生きることだからです。

皆、自分は普通の人生を送っている
と思っている。

空調の効いたオフィスで
株価のグラフを見つめるトレーダーも、
炎天下の中で汗を流して働く肉体労働者も、

誰もが、自分の取り巻く状況を普通だと思い、
今すべきことをしている。

それが、それぞれの ” 普通 ” なのです。

不真面目とは、
その ” 普通 ” を逸脱すること。

*

” 普通 ” を逸脱することなど、
日常生活の中で滅多にあることではありません。

だから、いつもどおりの日常を送る誰もが、
自分は真面目だと考える。

その ” いつもどおり ” が
第三者から見て、普通かどうかは別として。

例えば、結婚し家庭を持つ人の生活は、
その人にとってはいつもの日常ですが、

一人暮らしの独身者にとってその日常は、
とてもハードなものに見えるでしょう。

ただ、この二人は、
それぞれの日常を知らない。

そして、自分の日常こそが ” 普通 ” だと思っている。

*

普通に生きることを ” 真面目 ” だとするなら、
それは、キャンピングカーに住所を
与えるようなものです。

そもそも、それぞれの ” 普通 ” が違うわけですから、
そこに ” 真面目さ ” を定義することは出来ない。

もし、あなたのことを誰かが真面目だと評価したり、
不真面目だと言ったりしたとしても、

それは、その人にとっての ” 真面目さ ” でしかない。

あなたのことを誰かがどう言おうと、
そこに普遍性など無いのです。

ただ、その人にはそう見えたというだけで。

あなたの生き方が決して、
間違っているわけではありません。

そして、その逆に、あなたが誰かのことを
真面目だとか、不真面目だと思ったとしても、
それはあなたから見た ” 真面目さ ” でしかない。

*

人の評価とは、主観的でバラバラで曖昧です。

” なぜ、真面目な人間が評価されないのか?”
という問いの ” 真面目 ” とは、
一体、何を指しているのか?

この問いかけに明確な答えは無いのでしょう。

さて、” 真面目さ ” についてあれこれと、
気にする必要は無いと思います。

限りあるエネルギーと時間を他人の評価に
費やすぐらいなら、自身のために有効活用
した方がずっと生産的です。

もし、人の評価を気にしないと言うなら、
不真面目に生きても構わないということでしょうか?

人は、自身が決めたポリシーの中で生きる。

そこから逸脱した時、その状態は、
” 幸せ ” でしょうか?

” 幸せ ” だと答えられたのなら、
それは、ポリシーの再設定が行われるだけです。

しかし、そうでないのなら・・・

 

関連記事 : 真面目な人が損をしてしまう理由|天罰の仕組み

広告

この記事をシェアする