体から異物が出てくる夢|異物は何を意味するか?

体から異物が出る夢。

一見、悪い暗示ではないかと
心配するかもしれません。

実際の夢はとても複雑です。

パターン別に抽象的な解説を
してもあなたの夢に当てはまる
ものは見つからない。

具体例を挙げながら
異物の出る夢について詳しく
解説していきましょう。

*

夢を読み解くには、
ストーリー全体だけでなく、
夢を見た本人が、現在、
どういった状況に置かれて
いるか、実生活などを含めた
広い範囲を視野に入れる必要
があります。

それを理解しなければ、全く
誤った解釈を行ってしまう
こともあるのです。

その夢を読み解くためには、
まず、夢の作り手の心を
理解しなければならない。

作り手とは、あなた自身です。

広告

潜在意識の表現にルールは無い

次は、筆者が実際に見た
夢の一例です。

鼻をかんだら、
大量の鼻水が出る。

夢を見る数日前から、
風邪を引いていました。

この夢は、体内から、
病気が外に出ていくという
イメージが描かれています。

つまり、病気が治る暗示。

潜在意識が、体調が改善
していることをいち早く
察知したということでしょう。

*

ただ、筆者の場合は、鼻水
という形で風邪の状態を
表現してはいますが、

風邪を引いて、その人が、
どういった症状になるか
によっては、また違った
表現になるでしょう。

例えば、風邪を引くと、
必ず頭痛がするという人なら、

回復の暗示として、目から
大きな目やにが取れるとか、
耳から何か出てくるといった
表現になる可能性もあります。

*

少し、特殊な例を挙げるなら、

子供の頃に風邪をひくと
母親がきまってリンゴを絞り、
手作りのジュースを作って
くれたという思い出のある人
ならば、風邪を自覚する前に
リンゴジュースを飲んでいる
夢を見るかもしれません。

必ずしも夢に描かれる表現は、
決まっているわけでは無く、
その人が置かれた状況や、
その人が個人的に持っている
記憶、イメージによって
夢の内容は変わっていくのです。

自分が、その病気にどんな
イメージを持っているか
ということを整理しておくと
解釈の糸口になるかもしれません。

*

さて、このケースでは、
筆者に風邪を引いている
という認識があったため、
病気が快方に向かう予兆
という解釈をすることが
出来ました。

もし、他の誰かが筆者と
全く同じ夢を見たという
場合はどうなるのでしょう?

まず、夢の世界は、全て、
” 個人的イメージ ” の集合体
であるということを念頭に
置きましょう。

そして、そのイメージの
一つ一つは、夢を見た本人が、
これまで生きてきた人生の中で
培ってきたものです。

*

だから、筆者ではない誰かが
全く同じ夢を見たからといって
全く同じ解釈になるはずは
ないのです。

例えば、その人が今現在、
人間関係に悩んでいるというなら、
それが鼻水の夢として描かれる
かもしれません。

( その人が人間関係にドロドロ
としたイメージを持っていた
場合の話ですが )

もしくは、単に、寝ている最中に
鼻づまりを起していたという
ことも考えられます。

ネット上で見つかる解釈の
ほとんどは、あなた個人とは
無関係な、単なる ” 傾向 ” です。

そもそも、潜在意識は、
既存の解釈に合わせて夢を
作ったりはしない。

もっと、勝手気ままで、自由です。

全ての人に当てはまる共通した
解釈は存在しないということを
理解しておく必要があります。

広告

置き換えられた問題

では、もう一例、
夢を紹介しましょう。

仕事中、足の裏に
大きなニキビがあって
歩きにくい。
 
裸足になって
ニキビを潰すと
固い石ころが出てきた。

足の裏から石が出てくるという
通常ではありえない状況を
描いています。

このケースは、
どう解釈すべきでしょう?

*

この夢を見た男性は営業職で、
夢の中でも背広を着て歩いて
いたということです。

筆者は、彼に尋ねました。

” もし、夢の中のように、
足に怪我をされるとしたら、
私生活に何か影響はありますか? ”

彼は、即座に答えます。

” それは困ります。
仕事になりませんね。
方々、歩き回るんで ”

営業職の彼にとっては、
” 足 ” は、仕事上、必要不可欠
な部分であり、その大切な足が
” 歩きにくい ” ということから、
仕事がスムーズでなく困難を
伴っている状況と読むことが
出来そうです。

そこで次のように尋ねます。

” 今、お仕事で何か
問題を抱えていますか? ”

彼いわく、現在、とある顧客
との契約を取り付けるために
何度となく、その会社に足を
運んでいるものの、なかなか
条件が厳しく、契約には
至っていないということでした。

” 夢の中でも、その会社に
向かう途中という設定でした ”

彼は、言いました。

*

では、夢の中で、
歩きにくさの原因となっている
” 足の裏のニキビ ” には、
どんな意味があるのでしょう?

ここまでの彼の話を聞くと、
次のような解釈が可能です。

仕事上の問題を解決するのは
難しいですが、ニキビならば、
潰すことで解決できる。

彼は、仕事上の問題を
夢の中で ” ニキビを潰す ”
という簡単な方法に置き換えて、
解決しようとしているのです。

*

この ” 問題の置き換え ” は、
潜在意識が夢を作るときに
よく使う技法の一つです。

例えば、シンプルな例で言えば、
今月、何かと出費がかさむと
いった場合は、夢の中で体から
血を流すということがあります。

経済的出費はやも得ないですが、
それが ” 血 ” ならば止血すれば
済む話です。

” お金 ” と ” 血液 ” のどちらも
自分にとっては失いたくないもの
という点では一致しているので
その共通点を利用して、置き換え
を行い、より都合の良い状況を
作るわけです。

と言って、あなたが、もし
血を流す夢を見たとして、それは、
出費の暗示と解釈すべきという
安直なことを言っているわけでは
ありません。

無論、あなたに、お金以外に
大切な何かがあるというなら、
それが血として描かれる場合
はありますし、血とは限らず、
他のものに置き換えられることも
十分あり得ます。

あくまで、潜在意識が、
夢の作成過程で何をしているか
という本質的な話です。

広告

異物から連想するもの・カモフラージュ

彼が、ニキビを潰すと、
石が出てくるという部分。

ここで ” 固い石 ” が、
彼にとって何であるのかを
考える必要があります。

彼が、現在置かれている状況
から考えると、なかなか首を
縦に振らない顧客の頑なな
態度から、” 固い石 ” という
イメージを連想したのかも
しれません。

もしくは、崩したくても
出来なかった難題という意味で
” 固い石 ” を連想したという
解釈もありえます。

彼が、” 固い石 ” から何を
イメージするのかが解釈の
鍵です。

それが、結果的に体外に出る
という結末になっているので、
仕事上の問題が、いずれ解決
する暗示として読むことが
出来る。

*

ここで、” 連想 ” について
少し説明しておきましょう。

潜在意識は、夢の中で、
この ” 置き換え ” によって
あたかも問題は解決されたか
のように思わせたいのです。

心に引っかかるわずらわしい
ストレスを解消して、
ぐっすり眠ってもらいたい。

彼が潜在意識の仕組んだカモ
フラージュを見破ってしまえば、
わざわざ置き換えた意味が
無くなってしまうのです。

だから、仕事上の問題を
” 固い石 ” という連想しづらく、
分かりにくいものに例えている。

なので、連想から潜在意識の
意図を探るというのは、
そう単純ではありません。

例えるなら、幼児の落書きを
見て何が描いてあるのか
言い当てるような感じです。

*

この夢における ” 固い石 ” は、
一体、何を隠蔽するための
カモフラージュなのか?
という視点で異物に対する
推察を行っていくわけです。

そして、このケースでは、
夢を見た男性の現在置かれて
いる立場、抱えている問題
という夢の内容には含まれて
いない現実世界での背景を
理解していなければ、
” 固い石 ” が何を意味して
いるのかが分からない。

夢は内容だけを記録したり、
調べるだけでは読み解くことは
出来ないのです。

夢に登場する全てのものは、
必ず、現実世界と何らかの
接点を持っている。

夢とは、現実の延長線上に
作られるのです。

広告

問題解決の向こう側

さて、どうして異物が体外に
出ることが問題解決の暗示
なのでしょうか?

この夢は、一見すると、
問題が解決することに焦点が
当たっているようにも
見えますが、

実際には、問題が解決した後の
段階までを見据えて作られて
います。

このケースでは、彼の抱えている
問題とは、提案された条件が
厳しく顧客との交渉が難航して
いるということなので、

仮にそれが、解決、つまり、
契約を結ぶことが出来たとしたら、
その後に待っているのは、
顧客の信用に応える仕事を
しなければならないという
新たな課題です。

現実とは、
そう単純ではありません。

どんな問題にも、解決すれば
新たな課題というのが出てきます。

*

潜在意識は、解決した後に
それが待っていることを
すでに知っており、それを
演出によって打ち消そうと
している。

問題そのものを描かずに、
異物が体外に出るという
シンプルなストーリーに
することで、解決の後に
やってくる面倒な責務を
回避しようとしているのです。

石ころが体外に出るだけなら、
ただ、傷口が治るのを
待っていればいい。

ここでも、先ほど解説した
” 問題の置き換え ” が
使われています。

*

この夢は、彼が現在抱えている
問題に対して作られたわけではなく、
解決した後に待っていることを
回避するために作られています。

つまり、最初の問題が解決する
前提でストーリーが構成されている。

ゆえに、
問題解決の暗示と読めるのです。

広告

異物に対する ” 印象 “

体外に異物が排出される
といったタイプの夢は、
排出されたものが何であるのか、

また、その異物のサイズ、
色や質感などによって
より緻密な解釈をしていく
ことになります。

*

異物が、大きければ
それだけ大きな問題を表し、

気味の悪い感触ならば、
その ” 気味の悪さ ” は
心の中で感じている
嫌悪感や不快感を表す。

例えば、触るにも抵抗が
あるようなものならば、
これまで、蓋をしてきた
触れたくなかった問題を
表している・・

と読むことも出来る。

ただ、夢は、常にそれを
見ている本人の主観的な
イメージによって描かれる
ということを理解して
おかなければなりません。

*

例えば、小さなことでも
気になってしまう人なら、
実際は、それほど
大きな問題ではないのに、
夢の中では巨大な異物として
登場することがあります。

鏡の前で新しく見つけた
頬の吹き出物が、その人にとって
最悪の出来事に感じられる
のであれば、潜在意識は、
それを大掛かりな演出として
表現します。

ドングリを口の中に入れた
リスのように頬が大きく
膨れ上がっているというような。

これは、異物の大きさだけに
限らず、全ての夢において
言えることです。

*

ここで、もう一つ、
夢を紹介しましょう。

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

刺抜きで手の平に刺さった
棘を抜いている。
 
抜き終わっても、まだ、
痛みがあるので傷跡を
つまんでみると、まだ、
残っている。

手の平に刺さった棘を
抜いているという短い夢です。

” 棘の材質は分かりますか? ”

筆者の質問に彼女は、
” 鉄の破片のようなイメージ ”
と答えます。

そして、それを抜いた時、
凄く嫌な気分だった。

体の中に鋭く尖った異物が、
入っていることが、怖いと
感じたと言います。

*

筆者は、” 棘 ” が、ときおり、
心の中で引っかかっている
事柄を表わすのを知っていたので、
次のように質問しました。

” 最近、心に引っかかている
ことに心当たりはありますか? ”

彼女いわく、つい先日、子供と
喧嘩をしてしまいカッとなって
手を上げてしまったと言います。

” 軽くですが、頬にビンタを
してしまいまして・・
今まで子供に手を上げたことは
一度も無かったので ”

” お子さんはお幾つですか? ”

” 中学1年です。最近、反抗期に
差し掛かっているようです ”

*

この夢における ” 棘 ” は、
彼女の中の ” 衝動的な怒り ”
を一つのイメージとして
物体化しています。

その異物は、鋭く尖っていて、
冷たい鉄の破片のような物体
として描かれている。

彼女は、その破片を見て、
怖くなるのです。

自分の中に誰かを傷つけるかも
しれない危険なものが潜んでいる
ことに。

そして、それを棘として
抜き取ることで排除しようと
しているが、完全に取り去る
ことが出来ない。

夢の作り手である彼女は、
その棘が本当は何を意味する
のかを知っているのです。

*

異物の形状や質感だけではなく、
その異物に感じた ” 感覚 ” も
観察対象です。

この夢では、棘を抜く時に
彼女は、不快な気分になった。

つまり、子供に手を上げて
しまったことに対する罪悪感
なのですが、夢を見ている最中は、
事実の直接表現を避けているので、
それは、彼女にとって、
” 言い知れぬ不快感 ” でしか
無いわけです。

夢の中で、こうした
” よく分からない不快感 ” は、
ときおり、見られる現象です。

そして、目覚めてから、
冷静に夢を思い返したが、
それほど不快になるような
場面とは思えない。

” あの、嫌な気分は
一体、何だったんだろう? ”

それは、その場面が、
目を背けておきたい事実を
隠蔽するために作られた
シチュエーションだからです。

広告

夢を読み解くために必要なこと

さて、今回は、体から異物が
出てくる夢について解説して
いきましたが、体にまつわる
夢というのは、様々な
シチュエーションが考えられます。

そして、全てのシチュエーション
をパターン別に解説するわけにも
いきません。

あなたの見た夢は、きっと複雑な
ストーリーで簡単には読み解く
ことが出来ないのでしょう。

無論、どのパターンにも
当てはまらない。

*

仮にあなたが、他の誰かと
全く同じ設定の夢を見たとしても、
他の誰かに与えられた答えが、
あなたの答えとは限らない。

むしろ、誰かにとっては正解で
あっても、それが不必要な情報
として、あなたを混乱させる
こともあります。

では、どうすれば正しい答えを
得られるのか?

その夢が生まれた最初の地点に
戻る以外に方法は無いのです。

そして、最初の地点とは、
あなたの ” 心 ” です。

*

” 心 ” と言われても、
漠然としていて何から始める
べきなのか分からないかも
しれません。

それをこの記事で全て解説する
ことは不可能なのですが、
一言で言うなら ” 自己観察 ” です。

日記をつける習慣のある人なら、
文章を書きながら自分自身に
ついて振り返って省察する
ということに慣れているでしょう。

しかし、普通、忙しい日常を
送っている現代人は、わざわざ
時間を取って自身を振り返る
というような後ろ向きな活動を
あまりしないものです。

夢を読み解くためには、
それが必要になります。

時間を惜しんで生きている
人には、あまり向かない
作業かもしれません。

そういった人は、そもそも
この記事を読んではいない
と思いますが・・

*

今回、いくつかの夢を紹介
しましたが、この記事以外でも
身体にまつわるシチュエーション
の夢について書いています。

参考になるか分かりませんが、
夢占いで調べても意味不明という
場合は、少し違った視点で
読み解いていく必要があるかも
しれません。

関連記事 : 夢の中の ” 身体の異常 “|体の一部が不自然に・・

関連記事 : 身体に関する夢|あり得ない状況の意味

広告

この記事をシェアする