火事の夢|調べても分からない夢を読み解くには?

自宅や会社、近隣の住居が
燃えるといった、いわゆる
” 火事 ” に関する夢。

検索すれば、火事に関する夢の
解釈はすぐに見つかるでしょう。

一般的な夢占いでは、火事の夢は、
燃えれば燃えるほど吉兆だと
されています。古くから伝わる
伝承の上では・・

実際、夢は、大抵の場合、
ストーリーとして描かれ、
様々なシチュエーション、
複雑な設定によって、
解釈が困難を極めることが
ほとんどです。

多分、あなたがこの記事を
読んでいるということは、
どのウェブサイトにも納得
できる答えが見つから
なかったからなのでしょう。

ここでは、少し違った
アプローチで ” 火事 ” に関する
夢を解説していきましょう。

広告

夢を読み解けない理由

火事の夢に限らず、
全ての夢に言えることですが、
その意味を読み解くためには、
ストーリー全体や夢を見た人の
置かれた状況を綿密にリサーチ
する必要があります。

夢の内容だけでは、
何も分からないのです。

例えば、普通の一般人が
火事の夢を見る場合と、
消防士が火事の夢を見る場合
とでは、夢の中の ” 炎 ” の
意味は、全く違ってくる。

通常、夢占いでは、
炎がどういった状況だったか、
何が燃えているのかという
シチュエーションを中心に
分析するわけですが、
夢を見た人が特殊な職業に
就いているという個人的事情
まではフォローしていません。

夢は、その ” 個人的事情 ”
を軸に作られるのです。

*

自分は、消防士ではないから、
これに当たらないという話を
しているわけではありません。

どんな夢であれ、その人
特有の事情というものが
夢に反映しているということを
知ってほしいのです。

この無名のブログを訪れた
あなたは、キーワード検索で
見つかる ” その他大勢 ” に
当てはまる夢解釈では
読み解くことが出来ない
特異な夢を見ているわけです。

ここで、重要になってくるのは、
” 自己観察 ” です。

夢を読み解くためには、
それが生まれた場所に
アクセスする必要がある。

その場所とは、
あなたの ” 心 ” です。

自己観察とは、具体的には、
自分の置かれた状況、
今、感じていること、
抱えている問題、
どういった願望を持っているか、
そういったことを一つ一つ
整理していくことです。

と言っても、ただ、
振り返って、自身を見つめる
という地味な作業です。

*

自己観察をしていくと、
現実世界と夢がリンクしている
ことに気づきます。

やがて、夢に描かれた物語に、
あたかも隠し絵のように
別の物語が見えてくる。

夢の中に見たその炎は、
物語の一部に過ぎません。

潜在意識は、物語をあなたに
見せたいのです。

炎を見せたいわけではない。

広告

自宅が火事になる夢

では、一つの夢を例に
それを読み解いていく過程を
具体的に見ていきましょう。

次は、とある20代女性が見た
夢の一例です。

帰宅途中、自宅から
黒い煙が上がっているのが
遠くから見える。
 
近くまで来ると人だかりが
出来ている。野次馬が邪魔で
家の状態を確認しようにも
近づくことが出来ない。
 
” 誰かが、逃げ遅れて、
まだ中にいるらしい ”
と話しているのが聞こえた。
 
どうにか人をかき分け、
最前列に出ると、赤々とした
炎が家を包んでいる。

彼女は、自分の家が、
燃えている衝撃の光景を見て、
目が覚めたと言います。

それから、怖くて、しばらく
布団の中で震えていた。

この夢が、リアル過ぎて、
もしかしたら、本当に家が
火事になる予知ではないかと、
心配になり、筆者に鑑定を
依頼したということでした。

*

まず、ここで一つ、
夢の性質について説明しなければ
ならないことがあります。

夢解釈で、陥りやすいのは、
夢の内容だけに着目することです。

例えば、今回の夢で言えば、
炎の大きさはどうだったか、
どこから出火していたか、
燃えている家の状態、
噴煙はあったか、無かったか、
という目で確認出来る状況を
細かく観察していくという
映像分析だけに
比重を置いてしまうのです。

映像分析は、もちろん、
必要ですが、それ以外にも
チェックしなければならない
ことがあります。

それは、夢を見ている時に
感じた ” 感覚 ” です。

*

” 感覚 ” は、色も形も無く、
夢には登場しませんが、
それを読み解く上では重要な
要素の一つです。

そして、感覚は、夢を見た本人
だけが思い出せる情報ですから、
本人にどの場面で何を感じたのか
をリサーチする必要があります。

もし、夢の内容だけで解釈を
するとしたら、それは、
夢を見た人を統計データの一つ
として理解しようとしているのです。

夢は、人の心によって作られる。

ならば、それを作った人を理解
しなければ、夢は理解出来ない。

あなたが、自分の夢を読み解く
という場合も、結局は同じです。

あなたの潜在意識は、
既存の解釈に合わせて
夢を作ったりはしません。

あなたのためだけに作るのです。

広告

彼女が夢を見た背景

” 家が炎に包み込まれていた
のを見た時、あなたは、
どんな気持ちでしたか? ”

筆者の質問に、
彼女は次のように答えました。

” あの時、感じたのは・・
燃えていく家を見てて、
凄く怖かったです ”

” 家族が逃げ遅れたということが、
怖かったということですか? ”

筆者は、人だかりの中で、
” 逃げ遅れた人がいる ” という
声を聞いたという内容から、
自宅に家族が取り残されていた
という設定なのだと思いました。

しかし、彼女は、
妙なことを言うのです。

” いえ、私は、元々、
一人暮らしなので自宅には
誰もいないという認識でした ”

” それは、実際に、あなたは、
一軒家に一人暮らしで住んでいる
ということですか? ”

” はい、そうです ”

この時、筆者は、なぜ、彼女の
潜在意識は、誰もいないはずの
一軒家に逃げ遅れた人がいる
という設定を組み込んだのかが
分かりませんでした。

一体、逃げ遅れた人物とは、
誰なのか?

*

筆者は、質問を続けます。

” 今はご自宅に一人ということ
ですが、以前は、同居人は
いましたか? ”

” はい。母は、私が中学の時に
離婚して家を出たのですが、
父は仕事の都合で現在海外にいます。
帰ってくるのは、年に一度です ”

” つまり、家は、お父様の
持ち家ということですね? ”

” そうです ”

” では、話は戻りますが、
怖かったというのは、激しい
火災を前にして、自分の身に
危険を感じたということですか? ”

筆者の質問に彼女は、
言葉を選んでいるようでした。

” 家との距離は十分ありました。
危険を感じたというより、
家が燃え尽きてしまうことを
恐れていたような気がします・・ ”

*

筆者は、ここまできて、
この夢は、家族に関する
何らかの問題が描かれている
のではないかと思いました。

彼女の中に ” 闇 ” がある
ように感じたのです。

” お父さんは、あなたから見て
どういった方ですか? ”

彼女は、次のように答えます。

” 父は、いつも大事な時に
いない人なんです。仕事で遠くに
行ってしまって、ほとんど、
家にいなかったんです。それで、
母は精神的にまいってしまって、
今思えば、離婚の原因も
そういうことだったと思います ”

” お母さんとは、今でも
お会いになりますか? ”

” 以前は、月に一度は会いに
来てくれましたが、私が
社会人になってからは、
母も再婚して新しい家族が
いますので・・ なかなか、
会う機会が作れないんです ”

こうして、彼女の現在の境遇を
聞いて、潜在意識がこの夢で
何を伝えようとしているのか、
何となく見えてきたのです。

筆者は、最後に、
次の質問をしました。

” 日常の中で、孤独を
感じることはありますか? ”

彼女は、答えました。

” いつもです ”

広告

火事が起こった理由

大きな家に一人住み、経済的には
不自由のない生活を送っている。

しかし、彼女の心の中には、
ぽっかりと穴が開いたまま
なのです。

彼女は言いました。

” 最近、仕事の方でちょっと
ゴタゴタがありまして、
相談出来る人もいないし・・
自分では一人であることに
慣れていると思っていたんです ”

” 仕事で何か問題があった
のですか? ”

” 人間関係です。私が、
あまり社交的じゃないという
のが原因かもしれません。
今の仕事を続けていけるとは
思えなくて・・もしかしたら、
辞めるかもしれません ”

仕事であったトラブル
についての詳細は伏せて
おきたいということでした。

*

この夢は、彼女の心の叫びを
描いています。

家が炎に包まれている。

火をつけたのは彼女自身です。

父の持ち家を燃やして、
遠くに行ってしまった父を
呼び戻そうとしている。

彼女の父に対する反抗心
なのかもしれません。

遠方からでも確認出来るように
黒い煙を上げ、家は燃え続ける。

彼女が、恐れているのは、
家が燃え尽きるまでに、
父が戻ってこないことです。

そして、家の状態は、
彼女自身の心を表している。

燃え盛る炎は、
彼女の危険な衝動を表し、
それによって自身を灰にして
しまうかもしれないという
危機感が彼女を怖がらせるのです。

” 私が灰になってしまう前に、
お父さん助けに来て! ”

この夢は、追い詰められた
娘から父に発せられた
” SOS ” なのです。

広告

ストーリー細部の意味

さて、それ以外の場面には、
どういった意味があるのでしょう?

彼女は、近くに行き、
家の状況を確認しようとするが、
人だかりに阻まれる。

夢の作り手は、彼女自身ですから、
そこに人だかりを配置したのも
彼女による演出です。

つまり、人だかりによって、
家に近づけないのではなく、
彼女が人だかりを理由にして、
近づくことを拒んでいるのです。

なぜでしょう?

一人でいることに
彼女は、慣れようとした。

彼女は、孤独である自身の状況を
客観的な視点で受け止めようと
しています。

燃える家が、孤独に苦しむ自分
ならば、火事の現場を外側から
目撃するのは、それを冷静に
見ているもう一人の自分です。

彼女は、自暴自棄になり、その身を
破滅に向かわせるかもしれない
自身の衝動から距離を置くために
人だかりを配置したのです。

しかし、最終的には、
人だかりをかき分け、彼女は、
火事の現場に近づいていく。

それは、結局、自身の心で
起こっていることです。

いたたまらず、客観的視点を
捨てた瞬間です。

*

では、人だかりの中で
” 逃げ遅れて、まだ中にいるらしい・・ ”
という声を聞いたという
部分については、どうでしょう?

燃える自宅から逃げ遅れたのは、
” 人 ” ではありません。

解決しなければならないが、
ずっと放置されたままだった
彼女の中の ” 問題意識 ” が、
家に取り残されているのです。

それを、見過ごし続けることが
出来なかった。

彼女は、それを解決するために、
自宅に戻ってきたのです。

*

さて、この夢には、
彼女を取り巻く複雑な家庭環境、
職場での出来事、それに対する
彼女の心の状態が火事の現場
という形で描かれています。

それは、彼女のこれまで
送ってきた人生を映し出している。

彼女は、長い間、ずっと
” 孤独 ” と向き合いながら
生きてきたのです。

” 実は、夢を見る前に、
布団に入って暗い部屋の天井を
見ていると、急に涙が出てきて、
自分でも、なぜ泣いているのか
分かりませんでした。
今は、分かる気がします・・ ”

彼女は、セッションの最後に
そう言いました。

広告

人の心

夢は、潜在意識によって作られる。

それは、その人の最も
奥深くから生まれるのです。

ゆえに、人の心を理解しなければ、
夢が伝えているメッセージを
理解することは出来ない。

” 人の心 ”

それは、統計学や、科学とは
別次元の世界です。

私たちは、合理的に物事を判断し、
解決しようとするのです。

それが、効率的だから。

キーワードを入力し、
簡単に欲しかった情報を
手に入れることが出来る世界。

あらゆることが、
データベース化された世界。

しかし、そのために
リアルな物語に目を向けるという
視点を失ってしまうのです。

*

今回、紹介した夢の意味は、
あなたの見た夢とは、
何の関係もありません。

これは、唯一、彼女にしか、
当てはまらないのです。

つまり、あなたの見た夢の意味も、
同じく、あなたにしか当てはまら
ない唯一の ” 答え ” が存在する。

あなたには、
あなただけの物語がある。

夢は、あなたが紡ぎ続ける
物語の一部を映しているだけです。

潜在意識が何を
伝えようとしているのか、
それを見つけてください。

そこには、
リアルなメッセージが
必ず託されているはずです。

 

関連記事 : 夢の中の ” 煙 “|発生源から分かること

広告

この記事をシェアする