本当の夢解釈|人を理解する大切さ

筆者が、依頼を受けて、
夢を読み解く作業は、
メールカウンセリング
のような形で行います。

少ない情報から、
より多くの事を言い当てる
占いとは違い、まず、
依頼者への聞き取り調査
から始まります。

夢を解釈する前に、
依頼者のことをよく理解
しておく必要があるのです。

なぜなら、夢は、その人の
最もプライベートな領域から
生まれたものだから。

統計データのように
カテゴライズやパターンに
頼って解釈する方法には、
限界があるのです。

*

もし、依頼者がデータの平均値
のような典型的な人間ならば、
パターンに当てはまるのでしょう。

しかし、実際は、パターン
どおりの人などいないのです。

一人一人に歴史があり、
経緯があり、個性がある。

それこそが、その人の
プライベートの領域を
作っているのです。

だから、
夢を見た人が、千人いれば、
千のパターンがあるわけです。

それは、もはや、
パターンとは呼べませんが・・

広告

辻褄の合う解釈

次は、とある女性が見た
夢の一例です。

友人と二人で行きつけの
ミスタードーナツにいる。
 
突然、友人が、
恋人と昨日別れたと告白する。
 
自分は、驚きながらも、
力になりたいと思い、
泣きそうな友人の背中を
さすっている。
 
” 私が彼に話してみるから、
やり直せるって ”

この夢を見て、彼女は、
不思議に思ったそうです。

友人には、現在、
交際中の男性がいましたが、
二人の関係は、彼女には、
極めて良好に見えたのです。

彼女は、もしかすると
二人の破局を予知した
のではないかと心配になり、
友人に電話して、
それとなしに恋人のことを
聞いてみた。

しかし、全く、
そのような不穏な空気は
感じられなかった。

*

それから、彼女は、心理学に
詳しい知人に夢のことを話すと、
次のように言われたそうです。

” あなたは
深層心理で妬みがあり、
心の奥底では、二人の
破局を望んでいる ”

全く心当たりの無い
ことを言われて、
腑に落ちなかった彼女に
知人は、

” 無意識のことだから、
自覚は出来ない ”

と言います。

彼女は、そういった
卑劣な一面が自分に
あるのかと疑いながらも、
少し、ショックを受けた。

*

夢は願望を満たすために
作られるということならば、
友人が破局する夢は、
それを願う心によって
作られたと解釈することは
可能です。

夢の中で、二人を破局させ、
その一方で、罪悪感から
友人を慰めている。

確かに、辻褄は合う。

広告

彼女が背負い込んだもの

筆者は、一連の経緯と、
知人の行った解釈を聞き、
彼女の見た夢を簡潔に
捉えすぎているようにも
感じました。

この夢には、
別の何かがありそうな
気がしたのです。

*

筆者が、
最初に気になったのは、
彼女が、なぜ、この夢に
これほどまでに
こだわっているのか
ということでした。

心理学に詳しい知人が、
一応は、疑問に答えて
いるわけですから、
それ以上、夢について
あれこれ考える必要も
無いように思えます。

しかし、その回答に
納得がいかなかったのか、
筆者に夢解釈の依頼を
しています。

セカンドオピニオン
と言ったところでしょうか。

*

そして、もう一つの
気になる点は、彼女が、
なぜ、友人の破局について
それほどまでに心配を
するのかということです。

友人ならば、心配して
当たり前なのかも
しれませんが、実際に
連絡を取って、確かめたが
そのような兆候は無かった。

その時点で、
単なる夢として片づけても
よかったはずが、その後も
彼女は、夢の意味を
探ろうとしています。

*

そして、
根本的な疑問ですが、
彼女は、なぜ、友人の
破局を夢に見たのでしょう?

彼女の話では、友人と
交際している男性とは
一度、挨拶程度の会話が
があっただけで、
二人の関係については、
深くは知らないという
ことでした。

それが自分の破局という
ことなら、夢を見ても
不思議ではありませんが、
あまり知らないカップルの
破局の夢を見ています。

そして、彼女は、
それを ” 単なる夢 ” として
片づけることなく、真っ先に、
友人に降りかかる災いの暗示
だと解釈しています。

実際に友人が苦しんでいる
わけでもない時に、
彼女だけが、気苦労を
背負いこんでいる。

よく言えば、友達思い、
悪く言えばお節介という
彼女の人柄が見えてきます。

広告

二人の距離感

彼女に尋ねます。

” ご友人は、いつ頃から
お付き合いされている
のですか? ”

それは、一ヵ月ほど前に、
友人から、恋人が出来たと
打ち明けられたそうです。

友人は、ずっと一人身
だったので、彼女は、
その知らせを聞いて
自分のことにように
喜んだそうです。

出来れば、友人の
後押しをしていきたい
と彼女は言いました。

*

筆者には、彼女が、
心の底で友人の幸せを
妬んでいるようには
見えませんでした。

そして、
” 友人への妬み ” という
知人の解釈にどこか納得
できない彼女。

心の底では、
” 正しい答えじゃない ”
と感じているのです。

*

それから、いくつかの
質問をしていくうちに
彼女の本当の悩みが、
見えてきたのです。

この一ヵ月、彼女と友人が
会う回数は減っている
と言います。

と言うのも、彼女は、
恋人が出来た友人に
気を使って、会う回数を
減らしているという
ことでした。

これまでは、よく
LINEで連絡を取り合っては
会う約束をしていましたが、
現在は、自分から、
連絡を取ることが少なく
なっていると。

それも、友人の恋愛が
うまく運ぶようにという
彼女の親切心からなのです。

*

ただ、一つだけ、
彼女には、気がかりが
ありました。

” 恋人が出来てから、
私を頼らなくなった
ような気がする ”

彼女は言います。

以前は、色々な相談を
聞いたりして、友人を
支える場面があったが、
今では恋人が、
その役割を担っている。

彼女は、何となく、
友人との間に出来てしまった
距離を感じていたのです。

広告

心の奥底へ

この夢の本当の目的は、
友人を破局させることではなく、
落ち込んだ友人を慰め、
励ますことなのです。

友人に、自分が、
親友であること示すための
きっかけとして、夢の中で
友人が破局したという
設定を利用しているだけ
なのです。

破局そのものを
願っているわけではない。

*

もし、本当に友人の破局を
予知しているとしたら、
友達思いの彼女は、それを
直接、夢にはしないでしょう。

彼女にとって、
その現実は受け入れ
がたいからです。

つまり、悪気もなく
破局を描けるのは、
二人の関係が、現在、
安泰であることを
彼女の潜在意識は
理解しているのです。

似たような例で言えば、
人類滅亡の夢を見た
としたら、裏を返せば、
” 滅亡なんてありえない ”
と思っているということです。

*

ここまでの経緯を知る限り、
彼女という人物が、
友達を思う気持ちが強い
人柄だということは、
何となく見えてきます。

夢を見て、
友人の先行きを心配し、
あれこれ考えては、
一人で奔走している。

友人の幸せを願いながらも、
自分の役割が減ってしまった
ことに寂しさを感じている。

彼女は、
そういう人なのです。

そういう人だからこそ、
今回のような夢を作った。

この夢に描かれているのは、
” 妬み ” ではなく、
“親友を思う気持ち ”
なのです。

アノマリー

夢とは、それを見る人の
心の奥底から生まれる
ものです。

だから、その人の
心に入り込まなければ
本当の答えは得られない。

*

人は、一人一人、
何かしら抱えています。

例えば、受験生たちが、
志望する大学に合格する
ために日夜勉強をしている。

しかし、それが、同じ大学
への受験であったとしても、
彼らの抱えているものは
全く同じではありません。

受験に対する思いは、
それぞれです。

*

夢の内容と専門の知識
だけで、夢の意味を知る
ことは出来ないのです。

一番、大切なのは、
夢を見た人を理解する
ということです。

その人が送ってきた
これまでの人生、
その人の人柄、考え方、
置かれた状況、心の状態、
そういった統計データでは
無視されがちな
” 個人的なこと ” こそが、
夢を読み解くための
重要なピースなのです。

*

私たちは、都合よく
まとめられた分析者のための
” データ ” ではありません。

” 人 ” なのです。

広告

この記事をシェアする